ネットバンクをお小遣いに活用

ネットバンク活用

ネット収入羅針盤
稼いで貯めるネット活用
■広告収入で稼ぐ
 ・もっと稼ぐには?
 ・アフィリエイト審査・承認
 ・アフィリエイトプログラム
 ・リンクスタッフ
 ・Google AdSense
 ・Google ツールバー

 
■HPを作成しよう
 ・HPを作成するまえに!
 ・HP作成準備
 ・PCを触るまえに!
 ・HP作成開始

■HP作成に必要なもの
 ・レンタルサーバー
 ・アクセスカウンター
 ・アクセス解析
 ・HP素材
 ・ネットセキュリティ
■ネットバンク分析
 ・ネットバンク活用
 ・e-BANK・ジャパンネット銀行比較
 ・ジャパンネットバンクのメリット

ネットでお小遣いを始めるにあたって用意しておくと便利で快適にお得に利用できるネットバンクをご紹介しておきます。必ず必要と言う事ではありませんが、やはり快適に少しでもお得に受取れる方が良いですもんね。^^
ネットバンクの中でも特にイーバンクジャパンネット銀行を中心にご紹介します
特にイーバンクはネットでお小遣いの必須バンクとも言え
イーバンクを指定しているサイトも多数存在するので
大部分のネットでお小遣いを得ようとする方は開設するネットバンクです。
イーバンクカードで便利に現金引出しが出来るようになった事も
イーバンクの口座開設をする方が多くなった要因かもしれません。
ネット収入羅針盤でもイーバンクカードを同時に申込む方が多いようです。

パルメが何故ネットバンクに口座を開設したか!理由は二つあります。

@懸賞・メール受信等の収入が分かりやすく管理出来るようにしたい。
A少しでも受取の手数料等を安く済ませ、お得に受け取りたい。

この他にも細かく言えば色々とありますが、大雑把に言えばこの二つです。
前から貯めていたライフマイルがイーバンク銀行とみずほ銀行インターネット支店でしか受け取れず、他のサイトのポイントも貯まって来たので作りました。

簡単に言えば、携帯からも利用出来るので24時間自分の都合で
管理出来でき一般銀行よりもお得な手数料で利用出来るのがポイントです。

ではどの位お得か?と言うことですが
まず手数料の面からネットバンクのイーバンクジャパンネット銀行
そして一般銀行を比較してみます。

            同銀行本支店 他銀行宛
(3万円未満)
他銀行宛
(3万円以上)
イーバンク銀行 0円 160円 160円
ジャパンネット銀行 52円 168円 262円
三井住友銀行 105/210円 210円 420円
パルメの地元信金 105/210円 210円 420円
一般的窓口 315/525円 630円 840円
※1三井住友銀行はATMでカード利用の金額です。
※2同銀行本支店の二つの金額は、それぞれ(3万円未満/3万円以上)

これを見ても窓口に比べればネットバンクがかなりお得で
その中でもイーバンクがお得であることが分かります。

そして、さらに気になる点としては金利ですよね〜^^
では!これもイーバンクなどと比較してみましょう〜

銀行名 普通預金 定期預金年利(一口10万円)
       1年 3年 5年
イーバンク銀行 0.06% 0.30% 0.50% なし
ジャパンネット銀行 0.05% 0.10% 0.12% 0.40%
三井住友銀行 0.001% 0.030% 0.040% 0.070%
※イーバンク銀行は一口10万の定期金利で比較
  ジャパンネット銀行はネット定期100万円未満で比較しました。
  (なお、この金利は2004年7月30日現在のものです。)

パルメが説明するまでもなく、金利でも都銀とは相当の開きがありますね。
普通預金金利にいたっては、都銀とジャパンネット銀行で50倍
イーバンク60倍の違いですよ!

あとは、入出金などの利便性の問題がありますが
そこはそれぞれ違いがありますのでイーバンク・ジャパンネット銀行比較の中で
先程の金利も含めてご紹介したいと思います。

ただ、この貯める・ふやすと言う部分でイーバンク・ジャパンネット銀行ともに
お得なことが納得頂けるかとは思います。

それと!新生銀行は?郵便局は?と思われるかもしれませんね。^^

ここでは、懸賞・アフィリエイトプログラムの「報酬受取り」の部分を焦点に
ご紹介していますので比較するのに省いているのですが

それでも、やはり納得するには全て比較する方が良いと思いますので
軽くその辺に触れたいとおもいます。

郵便貯金ですが!
イーバンク受取りが出来ないプログラムであれば有利なところもあります。
例えばA8だと負担額30円ですので銀行よりお得です。
ですが、郵便局受取りOKのアフィリエイトプログラム(パルメが紹介している)
に関して言えば、他は1億人.comですが130円もしくは140円です。

全般的に報酬受取り指定が出来るプログラムが少ない部分があります。
ただ、便利でお得なことは事実なのでぱるる口座も
持っておいた方が良いと思います

そして新生銀行ですが!
ATM24時間手数料無料!ですので^^
あなたが、ATMで現金を入出金する場合いはお得です。

でも相手側が新生銀行から振り込むのでなければ

例えばA8なら
■他行(郵便局を除く、三井住友銀行以外金融機関)宛3万円未満 525円
■他行(郵便局を除く、三井住友銀行以外金融機関)宛3万円以上 725円

をしっか〜〜り引かれます!
そして2004年9月1日から新生銀行のインターネットバンク
「新生パワーダイレクト」では

    無料回数 お振替・振込手数料
当行内振替 他行送金
前月末残高1,000万円
以上のお客さま
30回/月 100円 300円
上記以外のお客さま 5回/月

と言う事になりイーバンクの160円より高くなります。
もちろんATMでは手数料0円ですのでATMではお得です。

しかし夜のコンビ二に支払いに行くのも、防犯の面で不安もありますよね!
もしパルメが泥棒ならキャッシュカードなりクレジットなりを
持参してるか、してないか分からない人間より
確実に持ってる事が分かる人間を狙うと思いますからね。

だって苦労して襲ってみたら小銭入れ程度のお財布を持っている人より
カードが入れてあるぐらいのメインお財布の方を狙いますよね。

ですから入出金のメインバンクとして、ATMで新生銀行を使うのは
お得だと思います。

更に言えば!ネットバンクで相手に振込みオンリーで考えれば有利なのは!
りそな銀行のりそなダイレクトです。(ATMでは300円〜600円かかります)
りそな銀行間なら0円他行宛なら100円です!!

ネットバンクとして!報酬受取り口座として!また有利な金利で貯めるなら
イーバンクかジャパンネット銀行が総合的に利便性は高いと思います。
普通預金金利・定期預金金利もイーバンク・JNBがお得です。

こちらから相手に振込むの専門なら
ATMからなら新生銀行・ネットからなら「りそなダイレクト」ですね。

★結論
 結論としては、一つのネットバンクで全てがお得に済むと言う事はありません
 それそれ、長所・短所がありますから組合せで使うことになります。
 だだ、お小遣い系の報酬受取りに関して言えば
 イーバンクジャパンネット銀行になりますね。

 振込に関しても相手がイーバンクかジャパンネット銀行なら得になりますし
 特にイーバンクはメルマネの手数料が100円になりました。
 さらに、「受取人負担」と「送金人負担」も指定できるようになりましたので
 便利さも次々アップしてきています。
 イーバンクカード(入会金・年会費無料)などは
 全国の郵便局・アイワイバンク銀行ATM(セブンイレブン)の利用料が
 月5回無料の上、クレジット機能付きなので日本信販の特典もあります
 さらにETCカード「ETCPLUS」年会費がイーバンクカードも
 永年無料対象カードになっていますので
 海外付帯保険の部分を除けばクレジットカードとしても
 大変お得で便利さが向上したカードになっています。


 もし、色々と細々とした事を気にするのが面倒で
 ある程度平均してお得に使用したいのであればジャパンネット銀行
 口座を開設するのが良いかと思います。
 この銀行だけ利用でも一般銀行に比べたら前の表を見ても
 お得なことが十分納得出来ると思いますので^^

ジャパンネット銀行