HP作成の準備

ネット収入羅針盤
稼いで貯めるネット活用
広告収入で稼ぐ
 もっと稼ぐには?
 ・アフィリエイト審査・承認
 ・アフィリエイトプログラム
 ・リンクスタッフ
 ・Google AdSense
 ・Google ツールバー
■HPを作成しよう
 ・HPを作成するまえに!
 ・HP作成準備
 ・PCを触るまえに!
 ・HP作成開始

■HP作成に必要なもの
 ・レンタルサーバー
 ・アクセスカウンター
 ・アクセス解析
 ・HP素材
 ・ネットセキュリティ

■ネットバンク分析
 ・ネットバンク活用
 ・e-BANK・ジャパンネット銀行比較
 ・ジャパンネットバンクのメリット
ではここから、HP作成について説明して行きたいと思います。
ページも出来るだけ見やすいように、作成編では大きくしました・・見やすいかな?
ただ〜これはあくまでもパルメがやって来た内容であり、ド素人的な部分や分かりにくい点が
多々あると思いますので、更に専門的に勉強したい方は参考のサイトや書籍も載せておきますのでそちらでも色々と調べてみて下さいね。

基本的に必要なものは!
パソコン・ホームページビルダー・ネット接続環境・・・・これだけでOKです!^^

はじめる前に〜パルメの「ネット収入羅針盤」の製作環境を
参考として先ずは載せて置きたいと思います。結構人が何使ってるかって興味ありますよね^^
そうそう!ここではHTMLを手打ちで入力する作成方法は載せてません
何故ならパルメは知識が無いからです。(^^ゞ 
そして!時間の節約です!!!節約で一番の節約はお金ではありません!
時間なのです!自分の時間だけは貯金もできなければ増やす事も出来ないんですからね!
もちろん!手打ちでタグが打てる知識があれば〜それは最高です!
でもパルメのような素人で仕事を持ってる方や、どうも苦手って方^^
HTMLやスタイルシートの勉強をする時間は限られてしまいますし、
覚えてから作るのではそのうち嫌になったり興味が薄れるかもしれません。
パルメの考えとしては、マズ楽しみながら作って行き!そこからさらに興味を持てば〜
自分の自己実現あるいはキャリアアップとして勉強して行くようになれば一番だと思います。
そして、そのように興味を持って勉強する方が身になりますからね。
自分が楽しく自然と人に伝えたくなってしまう・・・そんな気持ちが溢れるようなHPにしましょう〜^^

そのような趣旨でホームページビルダーでの説明になります^^

ネット収入羅針盤制作環境
■パソコン:Dimensionシリーズ8300
             CPU:ペンティアム4
             メモリ:1GB    ちなみに後継機→ 
             HDD:120GB
             OS:WindowsXP Home Edition

■HP作成ソフト:IBM ホームページ・ビルダー V8

■ホームページスペース:ロリポップ ロリポップ

■無料アクセスカウンター:

■無料アクセス解析:AccessAnalyzer.com
デル
Dimension 8400
Dimension8400
一応思いつく所では以上のような感じで作ってます。
パソコンだけ飛びぬけて性能が良いのですが(^_^;)パルメの場合は仕事にも使用していて
値段からすれば性能が良いし〜これを買っておけばスグサマ時代遅れのパソコンには
ならないかな〜と思って購入しただけですので^^
HP制作するのに性能が良いとか、最新じゃなきゃ無理とか!そんな事はまったくありません。
ネットが見れる環境なら問題ありません。

だだ!ビルダーを使用するなら
メモリ:128 MB以上・HDD:100 MB以上でインストールする為のCD-ROMがないと難しいかな?
他ビデオ編集等の少し特殊な機能を使用する場合は別途制限がありますけどね
5年前ぐらいのディスクトップパソコンなら、ほとんど大丈夫だと思います。
でもメモリだけは余裕があった方が良いので。
パソコンショップなどで256〜512MBぐらいに増設すると快適になると思います。
128MBだと〜窓を開きすぎたりすると固まる事があると思うので。

メモリに関してはパソコンに貼ってあるシールや説明書等に載ってるはずですが
はがれてたり〜失くしてしまったりして〜どうしても分からない場合は
スタート→コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→システム
全般タブのコンピュータという欄に載ってます。

上記の中で作成するのにとりあえず必要なのは
パソコンとビルダーのみです。
レンタルサーバーは作成しながら準備して行けばいいです。
パルメは有料サーバーを使用してますが
無料レンタルサーバーもあります。サーバーに関しても順を追って後ほど説明しますね。
カウンターとアクセス解析はサーバーレンタル後に申し込みます。

次からは具体的にHP作成手順に移って行きます。